「Coup De Grace」日本盤は10年前の本日(2010年5月26日)リリースされました。(5/27追記あり)

10年前の今日(2010年5月26日)はTREATの6枚目のアルバム「Coup De Grace」の日本盤がリリースされた日です🎉

このアルバムをバンドの最高傑作と位置付けるファンも多くいるようですね。
TREATファンだけでなく、新旧メロディアスロックファンの心をガッチリと掴んだ素晴らしいアルバムだと思います。

 

親しみやすく印象的なメロディーでありながら、鋭いエッジで切り込むAndersのギターリフとのバランスが素晴らしく、JamieとNalleのうねるようなリズムのコンビネーションはドラマチックで、Patrickのセンス良く美しいキーボードが楽曲の素晴らしさをさらに引き立てます。
そして、このアルバムで久しぶりに聴いたRobertの歌声に驚いた人も多く居たのではないでしょうか。
透明感は当時と変わらないのにパワフルになったRobertの歌声は非常に頼もしく、楽曲の説得力がさらに増したように思います。

とにかくパワフルで多くの彩りを持ったゴージャスなアルバムです。

リリースされて10年が経ちましたがこれからも色あせる事無く、メロディアスロックファンをまだまだ魅了し続ける1枚になるでしょう。

———-(5/27追記)———-
FacebookにUPした、Coup De Grace 10周年の記事にAndersがコメントしてくれました。

このアルバムはAndersにとっても特別な思いがあるものだということです😊
コメントには、通算9枚目となるニューアルバムの準備が順調であることや、日本のファンへの感謝の言葉もありました🙏

そして、先日延期になったストリーミング配信について、今週中にも公式からお知らせがあるようです。
ぜひチェックしていてください!(こちらでもわかり次第お知らせします)