来日公演レポ(梅田クラブクアトロ)

最終日、大阪公演のレポです。


【10/6 大阪公演:梅田クラブクアトロ】

2015年の来日から感じていることですが、大阪でのTREATのライブは会場の雰囲気がとてもアットホームで、東京のものとは若干違う雰囲気があると個人的に感じています。
東京の公演がアットホームではないという事では決して無いのです。ただ、大阪の公演はそれを上回るアットホームさというか、うまく言えませんが気の知れた友達みたいなやりとりがあるのが特徴的だなといつも思っています。
なので今回も、きっと暖かい雰囲気のライブになるのではないかなと期待していました。

ライブが始まってすぐのロバートのMCから、お客さんの反応はすこぶる良かったです。
今回見ながら思ったのですが、大阪ではロバートのMCが気持ち多めになっているような気がします(周りのメンバーの会話も多い気がします)。

東京、名古屋同様、初めから終わりまでお馴染みの大合唱でライブは進みます。
「Papertiger」の時に、アンダースのエフェクターの調子が悪くなり急に音が出なくなるハプニングがありました。このエフェクターのトラブルですが、実は大阪が初めてではなく、東京・名古屋でも時折電源がパッと消えるような素振りがありまして・・・内心ちょっと心配していました。東京・名古屋では電源が一瞬消える度にアンダースはエフェクターをいじったり、拳や足で軽めに叩いたりして何とか事なきを得ていましたが、大阪ではついに事態が悪化。エフェクターのライトがパッと全部消えるのが見えました。慌てたアンダースはエフェクターを足で蹴ったりしてましたが、最終的に力を込めたグーパンチを何度か繰り返し、トラブルを解消。

再びギターを弾き始めた時にはお客さんから拍手や歓声が沸き起こりました。
それを受けてアンダースは照れ笑いなのか苦笑いなのかわからない笑顔を一瞬見せていました。
この応援のスタイル(あくまで私の経験上でしか言えませんが)他のバンドにはあまり見られないように思います。このような事態は本来であればあまり歓迎されないものであると思いますが、非難につながるのではなく声援でバンドを応援するという。
これがTREATのライブの良さだったり、特徴だったりするのかなと今では感じています。

アンコールの「Build the Love」ではパトリックのキーボードの音が聞こえにくい(聞こえない?)状態になっていたようですが、これも東京同様に周りのメンバーのサポートと、そしてお客さんの大きなコーラスで会場がひとつになっていました。
皆でステージを作っていくのが最近のTREATのライブのスタイルなのだな、としみじみ思いました。

やはり、大阪のライブは終始暖かい雰囲気でいっぱいのライブでした。
そして、やっぱりTREATのライブは楽しい!!
そう確信した3日間でした。また、近いうちに戻ってきてくれますように!

3公演のレポを通してあまり記載していませんでしたが、ポンタスの格好良さは目を見張るものがありました!
動きが大きくて華があって、トラブルがあっても顔色一つ変えずに落ち着いてプレイするところに魅了されてしまった人も多いのではないでしょうか。
昨年のライブからも感じていた事ですが、彼の加入によって音作りからライブの良さなどが確実に向上したので良かったなぁと嬉しく思っています。

 

【おまけの話】
(アンダースのエフェクターパンチのこと)
あのパンチ…結構な力で叩いていたようで、ライブの後に手のひらを見せてくれたのですが手の小指側の側面に結構な内出血がありました。ちょっと痛々しかったです。
本人的にはあの瞬間左手は守らなくてはと思い、とっさの判断で右手を使ったようなのですが、「全部足を使えばよかった」と後から後悔したとのことです(相当慌てていたのだと思います)。

(ステージセットのこと)
今回のステージセット、twitterでも少し取り上げましたがやはりデビューアルバム「Scratch and Bite」の頃のステージをモチーフにしているとのことでした。
その件について聞いてみたら「そうそう!」と言ってました。
そしてデビューアルバムのジャケットデザインについて、左右側面に警告テープみたいなデザイン(実際は黄色と黒ですが)をつけたらカッコいいんじゃないかって当時は思ったんだ・・・と懐かしそうに話してくれました。


以上で2018年の来日公演のレポを終わります。
ついにライブレポも書き終わっちゃったので、何だか寂しい気持ちです。

バンドの次のツアーは20日、ギリシャでライブを行います。
ギリシャは初めてなので楽しみにしている様です。ギリシャのライブの様子などわかればまたここでお知らせしたいと思います!

来日公演レポ(名古屋クラブクアトロ)

今回は2日目、愛知公演のレポです。


【10/5 愛知公演:名古屋クラブクアトロ】

twitterのフォロワーさんから、もしかしたら名古屋のお客さんの入りはあまり良くないかもしれないと聞いていました。当日、会場にはフロアにテーブルが配置され、その情報の通りに大入りという感じではありませんでした。(後で聞いたところによると120人くらいだったとのことです)

開演ギリギリまで会場の半分くらいまでしか人が埋まらず、どうなるかなと思いましたが、いざ始まると始めから終わりまで大合唱の大盛り上がりでした!

120人ほどの観衆とは思えない、東京公演にも負けないほどのパワーのある大歓声とリアクションで、メンバーもその反応に喜んでいる様子がわかりました。歓声を受けるたびにメンバーの顔つきがみるみる変わっていきます。お客さんの反応を受けてメンバーのテンションも最高潮に!

ロバートはよく動き、まるでお客さんひとりひとりと対話するような雰囲気で歌います。少ないお客さんだとわかっていたのでしょうか、とにかく盛り上げようとするロバートの気概をいつにも増して激しく感じ、そしてお客さんもそれにどんどん応えていくように盛り上がっていきました。このようなところは昨年の来日公演ではあまり見られなかったので、ライブの回数をこなしていくうちにだんだんと良くなってきた点なのかなと感じました。
バンドとお客さんの双方のパワーが一体となってうねるような熱気になり、会場全体がこの場所を全力で楽しもうというような、ポジティブな雰囲気になっていたように思います。

「Conspiracy」のギターソロはアンダースのテンションが最高潮だった様子で、かなり痺れました。
そして盛り上がりは最高潮のまま、アンコールへ。
アンコールで演奏された「Build the Love」は会場が揺れるような大合唱で、東京よりも大きな声が出ていたのではないかなと思います。

とにかく、お客さんとメンバーの笑顔がとても印象に残る名古屋公演でした。

当初お客さんの入りが悪いかもしれないと聞いた時、実はあまり心配していませんでした(ライブの盛り上がりとしては、です。興行的にはもちろん多い方が良いですが)。
何故なら、彼らが初来日した90年の川崎での公演がびっくりするほどガラガラで(しかも公民館みたいなところだったので空席がかなり目立つ)、あまりに少なすぎるから2階席のお客さんが1階に移動するという事態になる程でした(他の場所は結構入っていたので、川崎だけだったようですが)。
そのような状態でも、彼らはひとつも手を抜く事無く全力でプレイしてくれました。
なので、今回もたとえお客さんが少なくても彼らはきっとベストを尽くしてくれると信じていました。
そして、実際その通り。しかもそれ以上の素晴らしいステージを見せてくれました。

名古屋は本当に盛り上がりとても感動的なステージでした(個人的にはベストライブになりました)。
そして管理人は更に90年の川崎公演のことも思い出し、別の意味で勝手に感動していました。

次は最終日、大阪公演です。

来日公演レポ(渋谷クラブクアトロ)

TREATの来日公演から1週間が過ぎました。

来日公演が終わった後、気持ちが高揚していて冷静にレポが書ける状態ではなかったのですが、ようやく落ち着いてきたような気がするので今回の来日公演のレポ(というかほぼ覚え書きになってます)を書いていきたいと思います。
3日間連続だったので、間違いがあったり取りこぼしがあるかもしれませんがご容赦くださいね。
(セットリストは前の記事に掲載したので、こちらでは省略します)

3公演まとめて書こうかなと思ったのですが、思ったより長くなってしまいました。
各公演ごとに更新します。まずは初日の東京公演から!


【10/4 東京公演:渋谷クラブクアトロ】

お客さんの入りは東京が一番多かったとのことです。
オープニングから一気に盛り上がりました。
ショーが始まってすぐに会場のボルテージが上がり、一体感が一気に強まるのがわかりました。
東京のお客さんの盛り上がりはとても安定している気がします。
新曲も皆さん覚えてきたようで、大合唱が途切れることはありませんでした。

「We Own The Night」の後、ロバートがセットリストを飛ばしてしまい、周りのメンバーに指摘されて曲紹介を仕切り直す場面が。(本来は「we own~」の後に「Papertiger」だったのですが、次の「Party All Over」をプレイする前のノリノリのMCをしてしまうというちょっとカッコ悪いパターンに)

その「Party All Over」の後、「Rose of Jericho」ではギターテックさんの準備するチューニングが違っており、修正するために何度もギターを交換して対処するものの何度やってもうまくいかず。
アンダースは早くしろと巻きの仕草をテックさんにしたり、ついには手ぶらでダンスしたり、コーラスをしたりという事態になってました。チューニングの問題は次の「Roar」の中盤まで続きましたが、なんとか持ち直し、「Get You On The Run」からアンコールの「World of Promises」まで大いに盛り上がりました!

この、チューニングトラブルがあった場面で特筆すべきは、周りのメンバーの頼もしさでした。
ギターが不在の中メンバー誰もが顔色ひとつ変えることなく、それぞれがただひたすら観客を盛り上げることに徹して、ステージを進めながらトラブルが解消されることを待っていた気がします。この時のジェイミーのパワフルなドラミングはかなり印象に残りました。もちろん他のメンバーのパフォーマンスも!
そのため序盤からの盛り上がりは中だるみすることなく盛り上がったまま終盤までステージは進みました。
これを見て、ベテランバンドの底力と、メンバーの絆の強さを感じることができました。
とても格好良かったです!ある意味とても貴重なシーンを見ることができたのではないかと思います。

チューニングがことごとく違ってしまった件について後でアンダースに聞いたところ、新しいギターテックさん(とアンダースが言うので…そうなのだと思います)が「Rose of Jericho」と「Roar」のチューニングについての理解が違っていたからだ、と言うことでした。トラブルはその日のうちにすぐ解消したので、その後の公演ではこのようなトラブルになることはありませんでした。

あと、小さなところではポンタスが演奏しながらアンダース側(ステージ右側)に移動してきた際、足が何かに引っかかって危うく転びそうになったけれどなんとか持ち直し、本人が苦笑いしていた、と言うのがありました(笑)

・・・東京公演はこんなところです。
次回は愛知公演のレポです。